インフォメーション
HOME » INFORMATIONトップ
高血圧・生活習慣病について
高血圧と食塩
高血圧の予防と治療に食塩摂取制限が必要とされています。
このグラフに示すように、1日の食塩摂取量と高血圧発症率には深い関係があります。
1950年代の東北地方での平均食塩摂取率は1日25gに達していたとのことです。
高血圧発症率は40%近くと高く、脳卒中で亡くなられる方が多かったことが知られて
います。
現在の日本人の平均食塩摂取量は1日約12g、「健康日本21」の目標値は1日10gです。
血圧が高い方は1日6gまでの減塩が推奨されています。
高血圧の基準
この数値を超えると高血圧です。
動脈硬化や心臓病発症の危険性が高まります。
INFORMATION MENU
  • INFORMATION トップ
  • 高血圧・生活習慣病について
  • eGFR:新しい腎臓機能の指標
  • 脂質異常症(高コレステロール血症など)について
  • 糸球体腎炎 〜IgA腎症〜 について
  • 院長の一押し!