インフォメーション
HOME » INFORMATIONトップ » 糸球体腎炎 〜IgA腎症〜 について
糸球体腎炎〜IgA腎症〜について
IgA腎症は日本人に最も多い腎炎です。
IgAとは免疫グロブリンの一つで、気道などから体内へ侵入しようとする菌を排除する
ための抗体です。それが腎臓の糸球体に付着して炎症(腎炎)を引き起こしてしまう
病気がIgA腎症です(一種の自己免疫病)。
血尿や蛋白尿が表れますが、自覚症状はほとんどなく、多くは尿検査を受けないと発見
されません。
20才以下から60才くらいの人までほぼ同じ頻度で発症し、腎生検で診断されます。
IgA腎症のうち30−40%が腎機能を低下させ腎不全へと進行します。
早期に治療すれば完治が期待できるので、健康診断で検尿を受け、異常(血尿や蛋白尿)が見つかったら放置しないことが重要です。
INFORMATION MENU
  • INFORMATION トップ
  • 高血圧・生活習慣病について
  • eGFR:新しい腎臓機能の指標
  • 脂質異常症(高コレステロール血症など)について
  • 糸球体腎炎 〜IgA腎症〜 について
  • 院長の一押し!